ニコニコ動画に投稿した動画の話とか、全っ然関係ない話とか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年表で見るスペランカーの歴史 2013年版

世間はモウ夏だネ!
ぼかァ毎日東側の窓から差し込む朝陽で汗ビッショビショになりながら起きてるヨ!
「いつか本当に死んでしまう」と思いながら何度目かの夏。人間は意外と丈夫だネ!


そんなことより、丈夫な人間に及ばず脆いスペランカーのお話です。
耳にタコが出来たと言われようが何度も言います。今年はスペランカー30周年。
公式のTozai Gamesさんが何かに取り憑かれたかのようにスペランカーをプッシュしてくださいます。

そんな異様に頼もしいTozai Gamesさんから先日
auスマートパス向けに「まいにちスペランカー」というものが配信開始されました。
http://tozaigames.co.jp/products/spelunkermobile/

やだ……すごく魅力的……
でもアタイiPhoneだし……頼れる数少ない友人達もiPhoneだったり他社だったりするし……
……くやしいっ!!すごく悔しいっ!!

「買い換え」という大胆不敵すぎる悪魔の囁きも聞こえたのですが、
真夏に吹きすさぶ財布のからっ風の冷たさが瞬時に現実へと引き戻してくれました。


さて、いよいよスペランカーがスマートフォン進出、というニュース記事を見た時、
「そうか、もうそんな時代なのか」と思いまして。
かつて年表で見るスペランカーの歴史なんてものを書いたのを思い出しました。

もう4年も前だったんですね。かなり古い所で情報が止まっている。
そこで新しい『スペランカー年表』を書いてみました。

------------------------------------------------------
【スペランカー年表 (2013年7月8日作成)】

1983年……………アメリカのマイクロ・グラフィック・イメージ社(以下「MGI」と表記)、
            “Tim Martin”ら3人が「スペランカー」を開発。ATARI400/800にて発売。

1984年……………スペランカーの販売権がMGI社からブローダーバンド社に譲渡される。

1984年……………Commodore64版「スペランカー」発売。(開発はMGI社)
            ここでスペランカーのテーマが作曲される。

1984年……………MGI社、倒産ではないものの活動停止。
            結局、MGI社が発売したタイトルは「スペランカー」のみだった。

1985年……………スペランカーの版権がブローダーバンド社から
            アイレム(現アイレムソフトウェアエンジニアリング)に譲渡される。

1985年12月7日 …アイレム開発のファミコン版「スペランカー」発売。
            ここでスペランカーが虚弱体質となる。

1986年 2月………アーケード版「スペランカー」発売。

1986年 6月………MSX版「スペランカー」(IREM)発売。

1986年……………MSX版「スペランカー」(CASIO)発売。

1986年10月………アーケードにて「スペランカーⅡ~23の鍵~」発売。

1987年……………NES版「スペランカー」発売。

1987年 9月18……ファミコンにて「スペランカーⅡ 勇者への挑戦」発売。

1994~1998年……アイレム、ゲーム開発から撤退~復帰。
            アイレム(以下「旧アイレム」と表記)から
            アイレムソフトウェアエンジニアリング株式会社(以下「アイレム」と表記)に
            全版権が譲渡される。
            なお、旧アイレムは「株式会社アピエス」に社名を変更する。

1998年 2月24日…アイレム公式HPのWebコンテンツ、ふるさと4コマ小唄にて
            アイレムスタッフ“高は車”の手により「スペランカー先生」連載開始。
            スペランカーに“先生”の愛称がつくようになる。

2006年12月………電撃マ王(アスキーメディアワークス)にて「スペランカー先生」連載開始。

2007年 8月28日…Wiiバーチャルコンソールにてファミコン版「スペランカー」配信開始。
            一時的に「スーパーマリオブラザーズ」をも抑え人気ランキング一位に輝く。

2007年 9月22日…東京ゲームショウ、レトロゲーム・アワード2007にて優秀賞受賞。

2008年 4月26日…プレッサントエンジェルズよりスペランカーのフィギュアが発売。

2008年 4月1日 …アイレム2008年度エイプリールフール企画の一角で
            「みんなでスペランカー」というネタが出る。

2008年10月………「みんなでスペランカー」がPS3にてダンロード専売タイトルで
            本当に発売されることが発表される。

2008年12月………ボーフォード・ジャパンより
            「スペランカー サウンドボトルキャップコレクション」発売。

2009年 3月19日…PlayStationHomeラウンジ「洞窟探険家が集う場所」開設。

2009年 3月26日…PS3「みんなでスペランカー」配信開始。

2009年 4月18日…Project EGGにてMSX版「スペランカー」が復刻。

2009年 5月………JOYSOUNDにてスペランカーのカラオケが配信開始。

2009年 6月18日…PlayStationHomeラウンジ「コウモリ啼く採掘場跡」開設

2009年 7月1日…エンターブレインより書籍「スペランカー先生~アイレム発 特撰ふる里4コマ小唄~」発売

2009年 7月3日…スペランカー公式サイトオープン

2009年 7月6日…イマジニア、iモード版「スペランカー」サービス開始。

2009年 8月3日…イマジニア、Yahoo!ケータイ版「スペランカー」サービス開始。

2009年 8月27日…フロム・ソフトウェアのPS3ソフト「3Dドットゲームヒーローズ」とコラボ。
            同ゲームの宣伝部長に就任。

2009年11月5日…フロム・ソフトウェアよりPS3用ソフト「3Dドットゲームヒーローズ」発売。
            スペランカーをプレイヤーキャラクターとして動かせる「スペランカーモード」搭載。

2009年12月3日…みんなでスペランカー、PlayStation Awards 2009 PlayStation Store特別賞受賞。

2010年 1月7日…PS3「みんなでスペランカー ブラック」配信開始。

2010年 2月6日…ジャイブより書籍「スペランカー アンソロジーコミック」発売。

2011年 3月16日…ポニーキャニオンから「スペランカー先生~フラッシュアニメDVD~」発売。

2011年12月10日…アイレム版「みんなでスペランカー」配信終了。

2011年12月16日…販売権利がアイレムからTozai Gamesに譲渡される。

2011年12月20日…「みんなでスペランカー ブラック」配信終了。

2011年12月21日…Tozai Games版「みんなでスペランカー」配信開始。
            超高難易度ステージが追加された「チャンピオンシップモード」搭載。

2012年 3月30日…Wiiバーチャルコンソール、ファミコン版「スペランカー」(アイレム)配信終了。

2012年 4月2日…Wiiバーチャルコンソールにてファミコン版「スペランカー」(Tozai Games)配信再開。

2012年12月19日…ニンテンドー3DSバーチャルコンソールにてファミコン版「スペランカー」配信開始。

2013年 1月17日…PS3「スペランカーコレクション」配信開始。

2013年 4月25日…PS Vita「スペランカーコレクション」配信開始。

2013年 4月27日…Wii Uバーチャルコンソールにてファミコン版「スペランカー」配信開始。

2013年 7月4日…auスマートパス向けに「まいにちスペランカー」配信開始。
------------------------------------------------------

久々にまとめたのでところどころ抜けてる事柄があるかもしれません。
もし間違いがあったり、書くべきものがなかったりしたらご一報ください。

こうして見ると、やはりウン十年ぶりの新作として
「みんなでスペランカー」の配信が始まった2009年辺りから激動してますね。

Tozai Gamesによると、スペランカー30周年記念としてまだまだ商品や企画を実施するそうなので、
2013年下半期でどれだけ年表に書くことが増えるのか楽しみです。

スポンサーサイト

コメント

初めてブログにコメントを残させて頂きます。

昨今のTozai GAMESによるスペランカーリバイバルの勢いはスゴイですよね。
まさにスコット氏を始めとする色々な方の愛を感じます。
その一方で、冗談から始まり「スペランカーシリーズの新作だ!」ってことで流れにボッと火をつけたのはアイレム社。
I社はゲーム事業から手を引いてしまいましたが、「やはりこの2社があってこそのスペランカーだっ」という感じがあります。

まとめ:Tozai社グローバル版(英語版)ホームページのスペランカー特設サイトでBGMをタダ聞き出来てビビりました。(結論がそれでいいのか)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ujine106.blog54.fc2.com/tb.php/421-6af9e35a

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。