ニコニコ動画に投稿した動画の話とか、全っ然関係ない話とか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛宕「ぱんぱかぱーん!ぱぱぱぱぱぱんぱかぱぱぱぱぱぱぱぱぱ(ry

「豊饒モリモリ、ナイスバディーの艦船だ」

投稿した動画、74本目。


愛宕「ぱんぱかぱーん!ぱぱぱぱぱぱんぱかぱぱぱぱぱぱぱぱぱ(ry

「20世紀フォックス」のファンファーレ×「艦隊これくしょん」の愛宕。

7月末からウワサの艦隊これくしょんを始め、早3週間。
そこそこハマっておりまして、ボイスがあるならやっぱりMADを作りたいよね、
どうせなら好きなキャラで作りたいよね、だったら愛宕さんしかいないよね、と。

「初心者ホイホイみたいなキャラが好きって恥ずかしくないのか」
とか言われても、可愛いもんはどうしようもないです。


彼女の代表的なボイスが「ぱんぱかぱーん!」というファンファーレだったので、
脳内音声検索をしてみましたところ、
約1件(0.93秒)で20世紀フォックスという結果。

あまりにも安直な組み合わせゆえ先駆者がいるのではないかとヒヤヒヤしましたが、
ニコ動を検索してみたところセーフで一安心。

以前ニコ動で20世紀フォックス風動画作成講座(コンテンツツリー親作品参照)を
見たことがありましたし、こりゃあ丁度いいやバカバカしい動画ができるぞ、
とサックリ作ってみました。


……作業上はサックリ、だったんですけどね。
Blenderというツールと作成講座のファイル落として、
ファイルの中身ちょっと改変するだけでしたし。

問題はBlenderによる動画書き出しの時間ですよ。
たった20秒そこらの動画だってのに、およそ10時間ですよ。10時間。
何回遠征行かせられると思ってんですか。
それとも戦艦ですか。空母ですか。そこそこ育てた艦船の入渠ですか。

まぁ私のPCが動画作る人間らしからぬ、
それこそ「動けこのポンコツが!動けってんだよ!」レベルの
スペックだからというのが大きいんですが……


動画投稿直前までタイトルを決めかねていたのですが、
少し前に流行った「小衣こころココロここロコころココろこコロここ小衣ちゃん言うな」のような
動画内容のままの、長くてインパクトのあるものにしてみました。

ホントは

愛宕「ぱんぱかぱーん!ぱぱぱぱぱぱんぱかぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱんぱかぱーん!」

にしたかったんですけどね。やっぱり長すぎて入りきりませんでした。


ドレッドノート級のシンプルな内容ですので、
「一見意味不明なタイトルに目を引かれ、サムネイルで全てを察する」
という、期待を裏切りはしないしその上を行くこともない構成になってよかったです。

スポンサーサイト

【合作】ビデオゲーム元気玉

【合作】ビデオゲーム元気玉 に参加したのです。



わたくしが参加したのはスペランカーの箇所のみなのですが、
ビデオゲーム好きの方も、そうでない方も全編見所・聞き所ですのでぜひぜひ一度ご視聴あれ。

せっかくなので自分が作ったパートの解説をいたしましょう。

続きを読む »

◆閃◆閃乱カグラ第1話冒頭を忍殺風テキストにして朗読◆乱◆<

バスト……弾むべし!
投稿した動画、73本目。



◆閃◆閃乱カグラ第1話冒頭を忍殺風テキストにして朗読◆乱◆

アニメ「閃乱カグラ」第1話の冒頭を、
小説「ニンジャスレイヤー」風のテキストにして朗読しました。

「閃乱カグラ」とは、爆乳ハイパーバトル(公式表現)の忍者少女モノで、
「ニンジャスレイヤー」はサイバーパンクニンジャ小説です。
前者についてはTVアニメ『閃乱カグラ』公式サイトを、
後者についてはネオサイタマ電脳IRC空間を決断的に閲覧しよう。

ぶっちゃけ、両方それなりに知っていないと見てもアレだ!
両方知っててもアレかもしれないが!

アニメ閃乱カグラの第1話タイトルが「摩天楼に立つ忍者」で、
マルノウチ・スゴイタカイビルの頂点に立ってネオサイタマを見下すニンジャスレイヤー=サンを
思い浮かべずにはいられなかったのだ。


忍殺風テキストについては、書籍版よりもTwitter連載版重点で、
一部ほんやくチームの独特な日本語も取り入れています。

そして多少オーバーに、わざとらしく忍殺風にするため、
あえて映像イメージとは違う文章作りにしてあります。
アニメでは冒頭ということで忍者っぽさバリバリのアクションシーンの連続でしたが、
忍殺風テキストでは動と静のメリハリを出すような感じに。

それに合わせてBGMも数種、ゲーム版閃乱カグラから用意。
激しさがありながらもニンジャアトモスフィアを適度に含んでいるので相性もばつぐんだ。


以下、動画で使用した本編のテキストを掲載。

続きを読む »

Show me Kiss of jealousy【ライブアライブ×SHOW ME】

バカヤロウ逃げるぞ!7人が相手じゃ分が悪い!
投稿した動画、72本目。



Show me Kiss of jealousy【ライブアライブ×SHOW ME】

LIVE A LIVEの原始編戦闘BGM「Kiss of jealousy」と、
森川由加里の「SHOW ME」。


半マッシュアップくらいのMADになりました。
なんでこの組み合わせかというと……
LIVE A LIVEをプレイしていた時に「アレ?なんか似てね?」と思ったからです。
ただのそれだけ。

で、いざ合わせてみると音程やら何やら結構似てて合わせやすかったです。
……合わせやすかったですし、これで合ってると思ってるのですヨ?
日にち空けて聞いてみたら「全然合ってねえじゃんこれ……」とかなりそうですけど。

わぁいえむおー あかりイエローマジックオーケストラ大好き

わぁい『わぁいうすしお あかりうすしお大好き』 じゆーじん『わぁいうすしお あかりうすしお大好き』大好き
投稿した動画、71本目。



わぁいえむおー あかりイエローマジックオーケストラ大好き

YMOことイエロー・マジック・オーケストラの「RYDEEN」と、
ゆるゆりの二期の赤座あかりちゃん……の、『わぁいうすしお あかりうすしお大好き』というセリフを主に。


二期が始まる前、原作の時点で話題になってた『わぁいうすしお あかりうすしお大好き』というセリフ。
実際アニメで聞いてみると、予想通りのトーンで予想以上の破壊力を持ってます。
このMAD作るために何回このセリフ聞いたかわかりませんが、
そのつど顔がにやけて大変ですよ。はたから見りゃ変態ですよ。

なんで「うすしお」なんですか……
のり塩とかコンソメパンチとか色々あるなか、何故うすしおというチョイスなんですか。
いや美味しいですよ?美味しいですけどね?
しかも「わぁい」と喜びの声をあげて、うすしお「大好き」ですよ。

本当はコンソメパンチが好きなんだけど、
お父さんがお土産に買ってきてくれるのはいつもうすしお味。
思い切って本当のことを言いたいいけれど、
会社から疲れて帰ってきたお父さんにそんなこと言えなくて、
子供ながら健気に空気を読んで言う時のセリフですよ。
「わぁいうすしお ○○(一人称)うすしお大好き」って。

それを心の底から、天使の様な笑顔で、うすしお大好きって。
もう眩しくて見てらんない。赤座あかりのあかりは灯しの明かりですわ。


うすしお大好き話が無駄に長くなりましたね。
MADの話をしましょう。

ぶっちゃけタイトル先行です。
タイトルを「わぁいうすしお あかりうすしお大好き」の改変にしたかったので、
「わぁい」⇒「Y」で、Yから始まる曲にしようと。

一番最初に出てきたのは「YMCA」でした。
「わぁいえむしえー あかりYMCA大好き」。
しかしYMCA、原曲が男性の同性愛の歌で、ゆるゆりとはあまりにも間逆ですし、
ヒデキのYMCAにした所でどう考えても音MAD向きじゃないので即ボツ。

次に浮かんだのがYMOでした。割と早い段階でしたね。
そもそも音楽の引き出しが少ないので、検索もしやすいんですね。

YMOならRYDEENだろう、RYDEENなんて超名曲ならMADも作りやすいだろう、
スゴクやりたい、スゴク創作意欲がそそられる、とさっくり制作決定。
……ですが、やっぱりさっぱり仕事が遅いので、
「わぁいうすしお あかりうすしお大好き」の回から大分経ってからの完成となりました。


一応、作中に使ったパロディロゴをば。




\うすしお はっじまっるよー♪/

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。